中学入試の過去問に挑む時期

中学入試を受ける子供たちは実際に中学入試の過去問をいつ頃から時始めればいいのだろうか。

それは小学6年生で十分です。

どんなに成績の良い子供でも、5年生では習っていない問題が沢山出てきてしまい、自身を無くしかねません。
従って、中学入試の過去問を解くのは、小学6年生で十分のようです。
しかも、1学期は、実際の試験形式のようにするのではなく、あくまで志望校の問題の傾向を知るために行うべきです。

なぜなら、その時点でも、まだまだ中学入試を受ける実力にはまだ達していないといって過言ではありませんから。
下手に中学入試の過去問が出来ないとあおると、子供のやる気を無くさせるだけですよ。