中学入試の過去問はいつやるべき?

中学入試の過去問を解いていくことで良いこと。
それは、なんとなくその中学入試に出題される傾向がわかってくることではないでしょうか。

同じ中学入試の問題を繰り返していると
「あ、この過去問、前やったのと内容がほとんど変わらない」
なんていうのがちょくちょくわかってくるようになってきました。

そうなってくると、こっちのものではないでしょうか。
親として子供を中学入試勉強で、このジャンルに力を入れていって方がいいなどと家庭勉強の効率を上げてやることができれば、中学入試合格への近道になりますからね。

問題は、いくら中学入試の過去問を解こうと思っても、子供の志望校が定まらないことには、ただやみくもに過去問を解いていることになってしまうということ。

最初から超難関校を目指しているような家庭ならいいのですが、我が家は一体どのレベルにまで育っていってくれるのか、皆目見当がつきませんから・・・。

鳶が高を産むなんてことはまずあり得ないから、超難関校の中学入試の過去問を解く必要はないでしょうが、過去問を解くべく中学の「ヤマ」を張りにくいですよね。

中学入試の過去問を徹底的に説いていこうとすると、志望校すべての問題を解いている時間なんて子供にはない。
だから、本命の学校の過去問だけを集中的に説いていくことになります。

そこで、もし親である私がほかの志望校の中学入試の過去問の出題傾向を知っておけたら有利かな・・・なんて考えるように。

4年生くらいから、ある程度自分の子供の学力が分かってきてから本格的に学校を絞って中学入試の過去問に挑んでけばいいかしら。