過去問のレベルの高さに驚く

さあ、事年も最新版の過去問が続々と出てきましたね。

中学入試の問題それは、毎年毎年膨大な量の過去問を生み出すことにもつながっているわけですから、志望校を絞っていかないことには、過去問を解きつくすことなんてできませんよね。

と言うことで、私自身ある程度学校を絞って解いているのですが、難関校はやはり中学入試だというのにレベルが高いですね。
特に社会の過去問なんてこれは本当に中学入試なのか!?と思わせるようなハイレベルな過去問が沢山。

知らずに過去問を見た人は、センター試験の過去問を解いているように見えるのではないでしょうか。

最近は、「歴女」という言葉が流行ったり、歴史がブームと言うこともあってか、社会がハイレベルかしていているのでしょうか?

まあ、自分の国の歴史や社会問題に注目が集まることはいいことですよね。
やっぱり自分の生まれた国のルーツや社会情勢なんかは子供の時から関心を持っている必要がありますからね。

私が十代のころ、世の中の20台前後の若者たちがよく無気力・無関心な人が沢山いるといわれていましたが、そうならないためにも、社会科のレベルが上がることは、私個人としては賛成ですね。

と言っても、やはりセンター試験と見まごうようなハイレベルな問題もどうかとも思うけど。
大人がクイズ感覚で解くには非常に楽しい問題がたくさんあるのが中学入試の社会の過去問。
子供たち自身が、大人のように楽しんで問題を解いてくれたらうれしいな。