過去問と指導者

中学入試の過去問を解いていると、どうしても躓くところというのが出てきます。
毎回どうして同じところで・・・と思うのですが、やはり同じところで躓くのです。

そんな時、ふと、似た問題で解き方を解説しているサイトを発見しみていると、
「なぁーんだ、こんなことか!」
と、不意に視界が開けるときがあります。

中学入試の過去問には、やはり自分に合った、納得のいく解き方というのがあるようですね。
算数などでも、何種類かの過去問の解き方のアプローチがあったようなのですが、一方ではピンとこなかった解き方、だから毎回解いていてもあまり理解できていなかった。
多方面からのアプローチは自分にあっていて、すんなり解いていける。

中学入試の過去問の解き方にも、相性というものがあるようですね。
だから、自己流で解いていても、なかなか成績が伸びないと悩んでいる人は、他の解き方のノウハウを持っている、塾や家庭教師のものとで教えてもらうのが、中学入試では必要になってくるというわけです。

小学生にはやはりどうしても読解力が大人よりも不足しています。
それを補ってくれるような解説能力を持っている指導者を、是非とも見つけ出してあげたいところですね。

私も含め、素人ではなかなか中学入試の過去問の解き方を子供に教えようとしても「どうしてその解き方を利用するのか?」といった疑問には答えることができませんからね。
子供が納得のいく中学入試の過去問の解き方を教えてくれる指導者、これは中学入試を受けるに当たり、必要不可欠な存在と言えるでしょうね。