中学入試の過去問開始時期です

中学入試の過去問に取り掛かるなら、この夏休みからが中学受験生であれば、中学入試の過去問を本格的に始めるちょうどいい時期といっていいですよね。

超難関校と呼ばれる中学を受験しようとしている生徒差たちであれば、1学期からすでに過去問に取り組み始めていることもある様ですが、大抵の場合は、この夏休みから過去問に取り掛かることが理想的だと言われているようです。

というのは、中学入試で出題される問題を全て習い終わらないことには、中学入試の過去問を解いても歯が立たず、自信を失ってしまう可能性が高いから。

せっかく中学受験合格に向けて頑張って勉強に励んでいるのに、やる気をそぐようなことはしてはいけませんよね。

また、今の時期に中学入試さながらの時間制限を設けて過去問に取り組むことも好ましくないことです。
理由は先に述べたことと同じ。

大切なのは、志望校がどのような問題を出題してくるかということに“慣れる”こと。

また、出題の傾向を知ることも大切。

しかし、中学受験生は、当然のことながら、複数の中学を受験すると思います。
全ての志望校の入試の過去問を解いていこうとすると、それは到底無理というものです。
時間は有限なのですから。

基本はやはり本命校の中学入試の過去問をこなすこと。
次に、抑えのがこうや、“ダメもと”で受験する中学の過去問を解いていくこと。
ただし、“ダメもと”の方は、当然子供の学力よりも難しいので、自信を喪失しないように、マイナス思考の子供には、あまり解かせない方が好ましいかもしれませんね。

過去問開始時期ということで、積極的に解いていきべき問題と、そうでない問題などについてちょっと紹介してみました。