過去問での勉強方法

今更な説明になりますが、中学入試の過去問とは過去の中学入試で実際に使用された問題です。
なので、内容も問題数も同じなら、最初は実際の中学入試と似た状況で解いてみるべき。

似た状況と言っても、なにも受験会場でというわけではなく、この場合は時間ですよ。
家で過去問に挑戦しようとすると、分からないところがあれば教科書や参考書などで調べるかもしれませんが、実際の中学入試ではそんなことできません。
過去問を入試で解いてきた先輩たちは、何の手も借りずに定められた時間内で解いてきたのですからね。
そのため、過去問に挑戦するならまずは中学入試と同じ時間を設定して、またその子の部屋ではないところでさせるのが理想的。

・・・ですが、それはあくまでも最初だけ。
過去問は、採点もその後の見直しも自分で行えるという利点がありますので、それは大いに利用すべき。
実際の中学入試なら受験してしまうとあとは結果を待つだけで、答えを見直すなんてことはできませんからね。
過去問なら間違えたところは再度勉強し直したりできます。
というか、中学入試の過去問はそのために在ると言っても過言ではありません。

過去問が何のために在るかと言うと、理由のもうひとつは最初に挙げたように、実際の中学入試を体験するため。
つまり、現在の自分の実力を知るためです。
さらに、見直して勉強することで、今以上に実力を付ける。
この一連の行動に役立ててこそ、過去問に挑戦することに意義があるのです。