過去問を活用した復習

既に誰もが判っていることとは思いますが・・・
中学入試の過去問に挑戦するということには、次の二つの意味があります。
ひとつは自分の実力を計るため。
それまでに勉強してきた成果を過去問で試し、中学入試本番までにどのくらい足りないかを計るためです。
そしてもうひとつは解けない問題を克服するため。
自分がどんな問題を苦手としているかはっきりと認識し、今後の勉強に役立たせるためです。

そのため、どちらの意味でも重要になるのが、過去問は解くだけでなく、解けなかった問題も解けるようになるため勉強すること。
これがなくては、せっかくの中学入試の過去問も意味がありません。

しかし、これにも注意が必要です。
過去問で解けなかった問題は、その問題だけが課題となるのではなく、その問題の単元が課題となります。
何故なら、中学入試では単元全体の基礎ができていない場合が多いため。
なので、過去問さえ解けるようになれば良いというものではないのです。

そもそも中学入試は基礎問題もあれば応用問題もあります。
応用は基礎ができていなくては解けません。
つまり、基礎からしっかりと勉強する必要があります。
これは中学入試や過去問に限ったことではありませんね。

結論としては、過去問で解けない問題があれば、問題を読み返すのではなく教科書等で復習し直しましょう。
教科書だけでなく、問題集や参考書も充分活用できます。
目当ての中学の過去問だけでなく、他中学の過去問の活用もお勧めですよ。