中学入試の過去問に挑戦する時期

過去問とは中学入試本番を想定して行うものですから、言わば中学入試に向けた腕試しです。
苦手分野を見つけて解けるよう勉強し直すための問題集などとは違い、中学入試の過去問は今現在自分がどの程度の学力を有しているのか計るもの。
志望校に合格できるほど充分な学力があるか、またはどのくらい不足しているか、場合によってはどこの中学入試なら合格できるか・・・など。

そんな中学入試の過去問は、いったいいつから挑戦し始めると良いのでしょうか。
腕試しなのですから、当然“腕”が全く出来ていない頃から過去問に挑戦してみても、望むほどの結果を得られるはずがありませんよね。
かといって、過去問はあくまでも腕試しなのですから、「今はまだ・・・」「もう少しあとで・・・」なんて先延ばしにする意味もありません。

過去問に挑戦する最初の時期として考えておきたいのは、中学入試の約一年前です。
理由は、その後一年間の受験勉強のために役立てるため。
過去問はあくまでも腕試しではありますが、解いて終わりというものではなく、学力の不足分を補う必要があるということをお忘れなく。

ただ、中学入試の一年も前に過去問に挑戦したところで、解けない問題が多く出てくるだけでしょう。
しかし、そんなのは当たり前なのですから気に病むことはありません。
大切なのは、その後一年かけてそれらの問題を解けるようにすること。
過去問はそれに向けてモチベーションを上げるためのものでもあるのです。