過去問の重要な役割

これまで何度も述べていますが、中学入試の過去問に挑戦したからといって受験に合格できるとは限りません。
自分が苦手な問題を発見して解けるよう勉強し直したり、全て解くのにどれだけ時間がかかるかを計ったり、また実際の中学入試を体験してみるという意味があります。
そのため過去問に取り組み始めた頃には自分の欠点が見えることもあるでしょう。
しかし、もし何度も取り組んで高得点を取れたとなれば、中学入試に対する自信がつきます。
自信をつける意味でも、過去問は重要な役割を果たしているのです。

中学入試の過去問は高校入試のものとは異なる特徴を持っています。
高校受験の場合、一部の高校に限って自校で作成した問題が使われていますが、それを除けば全県共通のものを使っているもの。
そのため、高校受験のために過去問に挑戦するとなると、志望校がどこであれ高校に合わせて過去問を変更することはありません。

しかし、中学入試の問題は全て自校によるオリジナルのものなので、もし志望校を変更するとあれば過去問をも変更する必要があります。
中学校によって、出題傾向、その方式、重視するポイントも異なりますからね。
そういった意味では高校受験より中学受験の方が大変とも言えるでしょう。
ですが、これは裏を返せば、ひとつの中学校に絞ればそこに集中して勉強できるということ。
その重要な材料となるのが過去問に他ならないので、これに挑戦するということも受験に対して重要な意味があるのです。