過去問の受験平均点

中学校へ入学するために試験が設けられているのは、決して学校が意地悪をしているためではありません。
学校が求めている生徒というものがあるので、それに沿う生徒を探しだすためのひとつの手段にすぎないのです。
過去問をいくつも解いていると、学校それぞれの出題傾向が分かってきますよね。
傾向が全く同じ学校はありません。
それぞれの傾向には求めている生徒像が反映されていると考えられます。
そのため、中学入試は受験生へのメッセージとも言われているのです。

中学入試の過去問を解いてみるとなると、前年度分だけではなく、何年分かを解いてみることになるでしょう。
その際、出題傾向がどのように変化してきているかも気にしたいところですが、そうではなく各年度の受験生の平均点にも注目してみましょう。

多くの学校は平均点が6割ほどになるよう問題を作っていると言われています。
もちろん、例外もありますが。
数年間平均点が6割前後だったところ、もし前年度に急に7割ほどに上がっていたということは、前年度の問題は比較的易しかったということ。
ふたたび6割ほどに戻すべく、今年度の問題は前年度のものよりも少々難しくなると考えられます。
逆に、5割ほどに下がっていたなら易しくなるでしょう。

上記でも述べたとおり、入試を設けているのは決して受験生に意地悪をするためではありません。
問題傾向を難しくしすぎれば誰も解けませんし、易しすぎれば全員が解けてしまい、これでは中学入試の意味がないのです。
入試の性質は、受験生の得点が一定ではなく、実力によって差が出ること。
その方が、合否判定も明確になりますからね。