過去問の時期と取り組み方

中学入試のために過去問に取り組み始める時期については当サイトでも何度も説明してきたことですが、今でも「いつから取り組めば良いのか判らない」という疑問の声が後を絶ちません。
中学入試のために過去問に取り組むのは非常に重要なことで、必要不可欠なことでもあります。
それなのにこういった疑問が絶えないのは、塾ではほとんど説明されることがないためです。
塾も中学入試のためには必要不可欠なので、受験を予定しているのであればほぼ必ずどこかの塾に通っているはずですが、どこの塾でもいつから始めればよいのかといったことは説明されないのです。
それぞれの塾で独自に過去問を取り入れることはありますが、家庭で取り組む場合のこととなると情報がないのが現状です。

過去問を始める時期についてはこれまでに説明してきたとおりですが、改めて申し上げるなら夏休み中頃~夏休み直後からというのが妥当です。
ただ、その時期が本当に適切かどうかはお子さんの学力や志望校にもよるもので、またそれらによって取り組み方も異なります。
・・・そう書いてしまうと、また迷いが生じてしまうかもしれませんが。

なるべく早い時期から過去問に取り組んでおいた方が中学入試に有利になると考えている人もいますが、そんな人ほど取り組み方に注意が必要です。
早く始めればそれだけ多くの量をこなせるということからこのような考えが生じるのでしょうが、過去問は問題集とは異なり“こなす”ためのものではありません。
過去問は中学入試を体感するものということをお忘れなく。