過去問は必ずしも必要ではない?

当サイトでは中学入試における過去問の必要性や取り組み方について説明しています。
もちろん、過去問なくして中学入試には立ち向かえないことを前提としての説明ですが、中学入試業界では過去問は必ずしも必要ではないという意見もあるようです。

理由は、第一に中学入試の雰囲気や出題形式に慣れるには塾などの模試があるため。
過去問はあくまでも過去の試験で出題された問題であり、同じ問題が次の中学入試で出題されることはありません。
それに比べると、模試で出題されるのは中学入試そのものを分析して作られた問題のため、過去問以上に取り組む意義があると考えられます。
今や中学入試の模試は豊富に開催されていますし、入試会場の雰囲気に慣れるには模試ほど適した場はないようにも感じられますね。

第二の理由として挙げられるのが、採点基準が難しいことです。
過去問は合格ラインに届くかどうかをチェックするためにも利用されていますが、そのためには自己採点しなくてはなりません。
しかし中学入試の問題というのは決まった一定の答えがないものもあり、正解とすべきか不正解とすべきかの自己判断が難しい場合もあります。
その点、模試なら統計から見た結果も出されるため、こちらで判断した方が良いとの意見です。

その他には、中学入試を受けるお子さんの多くが、一校だけでなく複数校を併願していることも理由として考えられます。
複数校に対応した勉強をしなくてはならないのに、一校だけに絞って過去問に集中するのは不利だということです。