公立中高一貫校問題集

入試には、過去問の勉強は必須です。
それは中学入試においても同じです。

私立中学の入試問題集なども、毎年出されています。
また、中学入試の過去問分析を進学塾で行っている講座も人気のようですね。
ただ、悩むのが、最近出てきた公立中高一貫校の入試です。

中高一貫校だったり、中等教育学校だったりしても、
あくまでも公立の中学なわけですから、
学力検査、入試は認められていません。
しかも、こういう入試が始まってからも年月が経っていないので、
過去問と言っても少ないのです。

また、「適性検査」という形なので、私立の中学の問題とは、ちょっと毛色が違うのです。

そこで、公立中高一貫校の過去問を探してみました。
「基礎からスタート!公立中高一貫校適性検査対策問題集 」
これは、「朝日小学生新聞の学習シリーズ」のもので、
大原予備校 と朝日小学生新聞編集部学習課の著作となっています。
この問題集は、過去問に取りかかる前の基礎固めのためのものです。

公立中高一貫校の適性検査は、教科の枠を超えた問題が多いのです。
これは、国立にもその傾向が見られますが、
公立中高一貫校では特にその傾向が顕著です。

教科書の丸暗記では適性検査には立ち向かえませんし、まずはその辺りの中高一貫校ならではの基礎的な問題の確認をする問題集です。

この問題集に収録されている計42題について解説した無料ビデオ講義が、朝日学生新聞社出版部のウェブサイト「あさがく・ジェーピー」で見られるようです。