中学入試の過去問はやるべきなのか?

このサイトでは、中学入試の過去問をどう扱うか、
どのよう勉強して行けば良いのかなどについてお話ししてきましたが、
実際には、中学受験のために中学入試の過去問を絶対やらなければいけないという事ではないようです。

様々な受験サイトや進学塾のサイトを見たりしても、
中学入試の過去問が重要な学校とそうでない学校がどうやらあるようです。

中学入試の過去問があまり重要でない学校については、
どんな問題が出ているのか知っておく程度で良いでしょう。

ただ、中学入試には必ず決まった問題が出るような学校もあります。
その場合は、過去の問題をやっている人とやっていない人では大きな差が出るでしょう。

大学受験のセンター試験のような問題なら、
毎年問題の問われ方などが同じなので、
ある程度は、過去に出された問題をやっておくべきだという事はみんな気づくでしょう。

ただ、中学受験は、そういうものではありません。

よく進学塾に通っている人が、塾外で、過去問をやってみて、点が悪く悩んでいるという話を聞きますが、
これについては、大抵、まだやってないところだからであって、
気になるなら、塾の先生に相談すればすむ事です。

独学の場合はそうは行きません。

一般的には最低でも6年生の秋からは本格的に過去問に挑んで行くべきだと言われていますが、
きちんとした対応をしていないと、実際の入試で全くわからないというような事も起こってしまうのです。

ただ、どちらにしても、学習内容に関する事は過去の問題にこだわる必要なく、
それだけではなくきちんと勉強する事が必要ですが、
出題形式に慣れるためには、特に塾に通ってない人は、
少しは対策を考えておいた方が良いでしょう。