「中学入試過去問勉強法」

今回は教育サイトスタディタウンをご紹介します。

スタディタウンには、中学入試の過去問の勉強法が色々載せられています。

このスタディタウンには、「10倍わかる過去問」という映像授業が載せられています。

中学入試を考えているなら過去問を勉強はさけては通れませんね。

ただ、中学入試というのは、小学校の授業で習わない事も多く出題されるので、 塾や家庭教師に解説をお願いするしかないのです。

そこで、このサイトで、中学入試の過去問が勉強できるなら心強いです。

そこで、スタディタウンでは、どうやって、中学入試の過去問を勉強するのかその方法を調べてみる事にしました。

中学受験生とって、過去問対策は最重要課題です。

ただ、実際には解いて終わりという人が多いのだそうです。 本当に重要なのはその後で、問題を解く事によって、 志望校の傾向を知り、出題パターンに問題に慣れ、 その上で、継続的に勉強して行く事が重要なのだそうです。

どういう勉強をすれば良いのか知る事が最も重要な事なのです。

どの中学も入試傾向というものがあるので、 それを知って重点的に勉強する事が合格への近道なのです。

どの私立中学も入試傾向があります。

簡単に言ってしまえば、「出る分野・単元」「問題量」「問題の難易度」は毎年決まっています。

もちろん、全く同じ問題が出る事はありませんが、はっきりした出題傾向がありますので、 それを事前に把握し出やすいところを重点的に勉強した方が有利な事は間違いありません。 その具体的な内容について、この映像授業の中で学べるようになっています。