「保護者の役割」

中学入試の過去問を「いつやるか?」「どれくらいやるか?」と言う事を悩んでいる方は多いと思いますが、 年度初めとなり新たに問題集を買うと言う事なら、どう学習するかをしっかりと考えてから始めましょう。

進学塾に通っている場合だと、いつの時期に中学入試の過去問をやるかという指示があると思いますが、 入塾したてで過去問の勉強について塾からまだ何も言われてない場合だと不安になるかもしれません。

進学塾で中学入試の過去問を本格的にやるのは6年生になってからだと言います。 ただし、5年生の段階でも解ける内容の問題の場合、集中講義や模擬試験の時などに含まれる場合もあるそうです。

6年生になると、志望校対策の講座も始まり中学入試の過去問や予想問題もやる事になるでしょうが、 カリキュラムが組まれているはずなので、しっかりと把握しておかなければなりません。

中学入試では、受験勉強を本人任せにしておいてはいけません。 こういったカリキュラムの管理など、保護者は自分のやるべき事として捉えておかなければならないのです。

「受験勉強は大変だから、小学生にはかわいそう」と思う人もいるかもしれませんが、 実は「勉強」そのものは子どもにとっては苦痛ではありません。

もちろん受験勉強のためにやりたい事ができなくなれば辛いでしょうが、勉強は元来楽しいものです。

面倒なのは、カリキュラムの管理や、テストの間違い等の誤答処理などです。

こういったものを保護者が一手に引き受けてあげる事によって、 子どもの受験勉強はずいぶん楽になるでしょう。