「中学入試の過去問勉強法」

 

中学入試の勉強法の中で過去問が必須と言う事はよく言われていますが、
では、中学入試の過去問は「いつ」「どんな風に」勉強すれば効果的なのでしょうか。

中学入試過去問の解説授業を映像化しているスタディタウンの「10倍わかる過去問」の勉強法について、スタディタウンのホームページから調べてみました。
合格するためには志望校の中学入試の過去問が解ける様になる事が重要です。

知られている通り、中学入試の問題傾向は学校ごとに全く違います。

そして、問題の難易度がそのまま学校のレベルにつながるわけではなく、
とにかく難問を解けるようにすれば良いと言う事ではありません。

志望校の特徴を知って、それに基づいて学習する事が合格力をつける早道なのです。

ただ、志望校対策を入試直前になってするのはもったいないと言います。

過去問を勉強するのは単に入試直前に志望校の問題に慣れるためではなく、志望宇高の入試問題の傾向やパターンを頭に入れてそれを踏まえて学習する事が大事なのだそうです。

出題される分野や単元、問題量、問題の難易度を把握して出やすいところを重点的に学習する方が効果的なのです。

そのため、4年生や5年生でも入試の傾向を知って勉強する方が良いそうです。

「10倍わかる過去問」は単なる解説ではなく、受かるためにこれからどうすれば良いか、どう勉強すれば良いかと言う事をトッププロ講師が解説しているのです。

年度ごとの傾向と入試の受け方、過去5年間(首都圏110校)の全ての過去問解説と志望校に合格できる勉強法と言う内容です。