「中学入試の過去問から得られるもの」

中学入試の問題を解くと言う事は中学入試を受けるにあたって大変重要な事ですが、
まずは、自分自身試験に慣れる事が重要なので、
きちんと時間を計って実際の中学入試のように緊張してやると言う事です。

自宅で過去問やる時は、ついつい答えを見て「ああ、大体できる」なんて思ってはいけません。
答えを確認して理解できるからできているという事ではありません。
実際の中学入試では試験終了後にちょっとしたミスだからと大目に見てもらえるわけではないのです。

きちんと時間を計り厳しく採点しなければ意味がないのです。
また、初めて過去問やった時には時間が足りないかもしれません。
これも中学入試の過去問をやる理由の一つで、
時間配分を体で覚えなくてはならないのです。
また、中学入試は学校ごとに問題に特徴があるので、
問題数や問われ方などの傾向を見る事も重要なポイントです。

とかく過去問をやる時、苦手分野を見つけるなど、
出題される単元に目が行きがちですが、
出題の形式や問われ方を身につけて行く事にもしっかり注目しましょう。

もちろん頻出の問題で苦手分野があれば克服せねばなりません。
過去問演習では特に復習は重要です。

よく同じ問題は出ないと言う人がいますが、
同じ問題なら100%解けるようにする事で、随分力がつくのです。

問題を覚えるのではなく理解する事で100%にできれば、
同じ問題が他の出題形式で出されても正解できるのです。

まずは過去問を100%にしましょう。