「中学入試過去問の演習と分析」

中学入試では過去問演習は必須ですが、
「どれくらい」「いつから」と言った問題を抱えている人も多いのではないでしょうか。

どれくらいと言うのは、志望校の数によっても違うのですが、
第1志望については5年分以上は解かなければならないという話も聞きます。

第2、第3志望は2年分くらいで良いと言いますが、
それでも傾向の違う問題になると大変です。

以前にもお話しましたが、中学入試の併願校選びは過去問とも深い関係があると言うのはそういう事からなのです。

つまり、中学入試の過去問は単に解けば良いのではなく、分析しなければなりません。

解くだけなら制限時間のみ、つまり1科目せいぜい1時間程度しかかからないので、
5年分やるとしてもあっという間に終わるわけです。

でも、実際は分析に時間がかかるわけですから相当な時間が必要です。

また前回お話ししたように類題を別の中学の過去問から探して来ないといけないわけですから問題傾向や問い方の傾向の似ている学校を併願校にする方が勉強が効率的にできるのです。

さて、中学入試の過去問をいつからやるかと言う問題ですが、
志望校対策が進学塾で始まる時期を考えれば、6年生からで良い事はおわかりでしょう。

ただ、いつどれくらいの時間をかけ、解いて分析するかと言う事を計算しておく事は重要です。

また、保護者が志望校の中学入試をよく知って、
基礎的な事を学習する際にも子どもがきちんと理解しているかどうかを把握しておく事は重要な鍵となるでしょう。