「中学入試の過去問演習でやるべき事!」

中学入試の過去問を初めてやってみた人の多くが時間が足りなかったと言うそうです。

そのため中学入試の過去問をやる事が重要と言われる理由の一つに時間配分ができるようになると言う事もあります。

過去問演習をする場合、時間を計ってやるのは当然ですが、
ただ速くやれば良いと言う事ではありません。

正確に問題を解く事はもちろんですが、
簡単に解ける問題なのか、手こずってしまう問題なのか瞬時に判断する事も重要です。

そのためには、1問が何点なのか、1問に何分かけられるのかと言った事も知っておかなければならないのです。

中学入試では志望校対策が重要と言われていますが、
過去問を分析する事で、志望校の問題傾向や問われ方がわかるわけなのです。
最近の中学入試では難易度が毎年変わると言う事ですが、
配点や問題数はあまり変わらないので、その辺りの対策をしておく事が合否に大きく関係してくるわけです。

さて、実際に中学入試の過去問演習を始めたら、まずは合格点を目指しましょう。

志望校のホームページには、毎年の合格最低点や合格者の平均点などが載せられているでしょう。

それを見てまず過去問で合格点を取る事を考えなければならないでしょう。

もし答え合わせをしてみて合格点に足りないのなら、
あと何点取れば合格点に届くか、そしてそのためにはどの問題に正解すべきかがわかるでしょう。

特に、多くの受験者が正解している問題は必ず解けなければなりません。
そのためには模試の結果などで正答率の高い問題もチェックしておく事が大切です。