中学入試の過去問は勉強法が重要!

今回は「中学受験生を持つパパ・ママ応援サイト-算数の教え方+受験アドバイス」というサイトをご紹介します。

このサイトでは、中学入試の勉強法が詳しく載せられています。

中学入試の過去問演習は、中学受験の勉強としては必須ですね。

中学受験では進学塾に通っている人が多いでしょうが、
進学塾で、志望校の中学入試問題の演習が少なければ、
家庭学習で補う必要があるのです。

中学入試の過去問演習に関しては進学塾だけでは足りない場合が多いといわれていますので、
家庭でどんな風に勉強すれば良いのか知る事も必要ですね。

このサイトによれば、合格が100パーセント確実な人以外は、中学入試過去問の学習は徹底的にやる必要があるという事です。
合格最低点が毎回とれるようになるまで、5年分・10年分の過去問をやる事をすすめています。

また、過去問演習をする時には、合格点をとれるようにする事も重要ですが、
実力を100%出し切れるように意識していく事も重要です。

スポーツ選手も本番で100%の力を出すために練習試合などを行います。

そして、できれば本番と同じタイプの相手と練習試合をしたいのです。

本番と同じタイプとの練習試合を重ねる事で、
本番での自分の動きがスムーズになるのです。

いつもと同じ力、100%の力を出すためには練習試合が重要なのです。

もちろん、練習の時にも、相手を意識した練習をしているのです。

過去問演習は、スポーツでいう練習試合、そして相手を意識したまたとない勉強法なのです。
徹底的にやって、合格を勝ち取りましょう。