麻布の算数問題

中学入試は各学校の特徴がよく現れた問題が出題されます。

東大に合格者を多く出す学校では、中学入試ですでに東大受験を意識した問題が出題されるわけです。

それゆえに過去問対策が重要で、過去問対策をし、志望校の中学入試を知る事が合格対策の一歩となるのです。

さて、今回は、一橋セイシン会のサイトに載っていた麻布中学校の入試問題について見てみましょう。

麻布中学校は中高一貫校ですが、高校からは入学できません。
麻布に入りたいなら中学からしかないわけです。

これも、麻布の特徴で、そう言った事も中学入試の問題の中に現れているのです。

まず、難しいと言われる算数の問題について見てみましょう。
中学入試では発想力が求められる問題がどこも多いのですが、
麻布は、パズル的な要素の問題が多いのが特徴です。

過去問を見ても、他の中学入試問題ではあまり見かけないパズル的な問題が目を引きます。

ただし、実際には閃きばかりが要求されるわけではなく、
与えられた条件を整理しながら算数の基本的な解法を使いこなしていく、
「論理的思考力」が求められるという事です。

過去問を分析すると、「その場で条件を読み解き、理詰めで解く思考力を要求される問題」と、「解法パターンを覚えていれば解ける」典型問題の2種類だという事です。

過去問を見ても、難問奇問も出題されていますが、問題文に惑わされなければ、きちんと勉強して解ける問題がほとんどです。
また、記述スペースの大きな解答用紙に途中式など全て書かせる記述式で、作業力が求められるのも麻布の特徴です。