模試と過去問を上手く使おう!

受験のためには中学入試に限らずアウトプットが重要です。

問題を解く事です。
模試を受ける、過去問を解くと言った事が特に効果的だと言われています。

中学入試のための模試では、首都圏模試センターの「統一合判」が知られていますが、この模試は小5で年5回、小6で年6回実施されます。

中学入試のために上手く利用するのは何よりも続けて受験する事ですが、
これからの時期、過去問対策もあり、どうやってその時間をとるかという事が重要になって来ます。

模試も過去問も、受けっぱなしやりっぱなしでは意味がないのです。

しかも中学入試では併願校の過去問対策も必要なのです。

中学受験では併願校選びが重要な課題になっているそうです。

ポイントがいくつかあるのですが、
よく言われているのは、「なるべく多くの学校を受ける」という事です。

これは、年齢的に調子の波があり、しかも初めての受験で緊張やプレッシャーで体調を崩す事が十分考えられるからです。
予期しない事も起きる、それでも必ず1校は合格できるような併願作戦が重要なのです。

そして併願校が増えるという事は、中学入試の過去問も増えるので、
その注意も必要です。

なるべく同じ問題傾向の学校を選ぶ事が大切なのです。

そうすれば第1志望の対策が第2志望・第3志望の対策にもなるのです。

また、子どもの相性や適性を知る事も大切です。

模試を受ける事で学校との相性もわかるので、
継続して模試を受ける事が重要になってくるのです。

過去問演習でも満点を狙うのではなく、
まずは志望校の傾向を知って行くつもりで取り組んで行きましょう。