中学入試過去問は何回やる?

今回は、教育情報サイト「リセマム」に載っていた記事のなかから、
中学入試過去問の活用術をご紹介したいと思います。

この記事は、「中学受験グノーブル」の先生による中学入試過去問の活用術ですが、
理科と社会についてグノーブルの先生が解説されています。

中学受験では、過去問対策は必須で、特に6年生の9月に進学塾で志望校対策が始まる時期には、中学入試過去問の事が気になるという人も多いでしょう。

年度の古い順から始めて段々新しいものに取り組むのが一般的といいますので、
今の時期は昨年の中学入試過去問に取り組んでいるのでしょうか。

ただ、中学入試の問題を繰り返し解く必要がないという人もいます。

リセマムの記事でも、グノーブルの理科の永井裕康先生は、
中学入試の過去問演習は必要だが、何度も解き直す事を推奨していません。

これは、近い年度ですでに出題された問題で、
その学校で同じテーマの問題が出題される可能性は低いからです。

同じ学校の問題を繰り返し解くのであれば、他の中学校で出題された問題に触れて、様々な経験値を積み上げる方が力がつくという事です。

一般的には志望度が高い学校は5~10年分、
おさえの学校で、学力的に合格の可能性の高いような学校は1~3年分で良いという事です。

9月から始めるという事に関しても、必ずしもベストだとは言い切れないそうです。
理科に関していえば単元数が多いので、9月に習っていない単元があるという場合もあります。
その場合、まず単元の根本を理解してからの方が効果的になる事もあるそうです。