中学入試過去問と模試の利用

明けましておめでとうございます。

1月ですね。

中学入試目前という事で、今はとにかく過去問をやる、
予想問題をやると言った事が重要となって来るわけです。

中学受験の進学塾でも学校別に、中学入試のそっくり模試を行っているところも多いです。
これはとにかく、進学塾が中学入試を分析し、形式や傾向、全てそっくりな問題を模試として提供し、生徒に合格力を身につけるためです。

この時期は、とにかくアウトプットの学習が重要です。

特に、中学入試本番にできるだけ近い状態でのアウトプットが大切です。

これまでも過去問をいっぱいやって、アウトプットを意識した勉強を続けてきたと思いますが、どんなに過去問で良い点を取っても本番の中学入試で合格点をとれなければ意味がないのです。

正解をどう書くか、合格点をどうとるかがこれからの課題になって来るのです。

そのため、過去問演習する時も、どういう順番で問題を解くか、
1つの問題にどれくらいの時間をかけるかシミュレーションしておく事も必要です。

もちろん、モチベーションも重要です。

「模試」を受けるという気持ちではなく、中学入試本番の気持ちで受験する事が重要です。

例えば、四谷大塚では、6年生対象に「合不合判定テスト」を実施していますが、
中学校を会場にテストを実施しています。
本番にいかに近づけて模試を行っているかがわかるのではないでしょうか。

また、過去問演習や模試が重要なのは、その後の復習にもあります。

自分自身でミスしやすいところを見つけ、
本番につなげるのです。