模試と過去問の使い方

中学入試は志望校対策が重要と言いますが、
過去問や模試を効果的に使う事が大切です。

過去問演習は中学入試の志望校対策では重要な課題ですが、
やりっ放しでは意味がありません。

答え合わせをしてミスの理由を分析するといった事も重要ですが、
その後、他校の中学入試過去問からも類題を探すのか、
志望校の過去問を繰り返しやるのかは、科目によっても、志望校によっても異なります。

また、ミスを直し、その後復習をするという事になりますが、
何をどのくらいやるかという事も問題になります。

また、時期によって、どのくらいの分量をやるか、どれくらいの時間をかけるかという事も違ってくるのです。

そこで、自分の状況、これからどんな勉強をすれば良いのかを分析してくれるのが模試の存在です。

そこで今回は、ベネッセの教育情報サイトから、
模試の判定や過去問を活かした勉強法をご紹介しましょう。

まず、模試の結果は、志望校の出題傾向とする併せて検討する事が重要だという事です。

志望校の名前の付いた模試もありますが、全体的な中学入試の模試を受ける事も少なくないでしょう。

そんな時、志望校の出題傾向を考えていなければ的外れな勉強になってしまうのです。

特に、中学入試が近くなってくると、
時間がないのですから、残された時間で何をしなければならないかをしっかりと考える必要があるのです。

模試で悪い点だったとしてもミスしたところが、
志望校で扱われる事があまりないのなら、
そこまで気にしなくて良いのです。

志望校の状況をしっかりと把握する事が大切です。