公立中高一貫校の勉強法

今回は、東京都小金井市にある都立中高一貫校合格対策専門の進学塾「早稲田進学会」による「作文力で合格!公立中高一貫校 適性検査対策問題集(朝日小学生新聞の学習シリーズ)」をご紹介します。

最近中学入試と言っても、公立中高一貫の中学入試を受験する人が増えてきました。

公立中高一貫校の中学入試は、「試験」ではなく「適性検査」ということですが、
過去問を見ても、勉強の仕方がよくわからない、対策のわからない中学入試です。

それぞれの学校の中学入試の過去問があるにはありますが、
答えが1つでないもの、何を要求されているのかわからないような問題も多く、
また、公立中高一貫校が増える様になってまだ数年ですから、
私学のように過去問が多く揃わないのです。

この問題集は、「生きること」や「コミュニケーション」など、公立中高一貫校で頻出するテーマを厳選しており、複数の解答例を出しています。

前述したように公立中高一貫校の適性検査は、解答が1つだけではないものも多く、
過去問の解答例も1つだけ知っていたのでは足りないのです。

そういった意味でも、適性検査の過去問集を購入する時は、
解説が詳しいものはもちろんのこと、解答例が多いものを選ばなければならないのです。

作文については、採点者に自分の考えや理由付けについて知ってもらうということを頭において、保護者や学校の先生に読んでもらって感想をもらうことも重要と言うことです。
感想をもらうと、実戦力が身につくそうです。