中学入試の時間計画

中学受験では中学入試の過去問演習が重要ですが、その理由はなんでしょうか。

これは、志望校の問題傾向を知り、正解を出せるようにすることで、
合格点を取れるようにするためです。

中学受験では志望校対策が重要と言われますが、
これは、中学入試問題には中学入試ごとに特徴があり、
その問題を把握して中学入試にのぞまないと、
いくら偏差値を上げても合格点を取れないからです。

中学入試の志望校対策には、過去問演習ですね。

まず、解いてみることが重要です。

さて、その解き方ですが、まずは時間を計って、
できれば解答用紙も本番通りの形にして解答しましょう。

過去問だけをネットなどでプリントアウトした人はわからないかもしれませんが、
中学入試の過去問集には解答用紙もついています。

縮小してある場合もありますが、実際の大きさに拡大コピーして、
試験と同じように、取り掛かりましょう。

当然、時間も計る必要があります。

合格のためには時間の観念も必要で、
どれくらいで問題が解けるのか考えておく必要があります。

時間に関してですが、初めに過去問演習をした時は、
多くの人が時間が足りないそうです。

でも、足りなくても、とにかく自分で解けるなら最後まで解いてみましょう。

そして、どんなに時間をかけても解けない問題と仕分けしておきます。

そして、理解ができていない問題は早めに潰しておかなければなりません。
塾の先生に尋ねるなどの方法で、取り組みましょう。

重要問題で解けない問題がないように、しっかりと取り組むことが重要です。