KAWASEMI Liteでオリジナル教材作成

中学入試では過去問演習が必須ですが、
こういった過去問、何回くらいやれば良いのでしょうか。

また、どういったやり方でやるかという事も問題です。

進学塾では、中学入試を分析し、予想問題など対策を行っているわけですが、
「KAWASEMI Lite」なら、入試の過去問からオリジナルプリント教材が作れるそうです。

「KAWASEMI Lite」は中学入試・高校入試の過去問集を提供している(株)英俊社が、凸版印刷(株)と提携し、2015年にリリースしたオンラインシステムですが、
今年は更にバージョンアップし、より使い勝手の良い仕様となっているという事がニュースになっていました。

このシステムは「ログイン・科目選択」、「問題選択」、「PDFダウンロード・印刷」の3ステップで簡単にオリジナルプリントの作成ができるようになっていて、
今回のバージョンアップで、出力済みのプリントの複製と再編集が可能となったそうです。

また、古文・漢字・文法などで国語の問題も利用できるようになったという事です。

このシステムでは全国の公立高校入試(宮城県を除く)、国私立の中学入試、高校入試の過去問も多く収録されており、
詳しい解答解説もついているという事です。

このシステムは塾単位で使われるシステムですが、
算数・数学・英語に関しては、大問単位だけではなく、小問単位での問題選択も可能で、塾作成のテキストなどと組み合わせた編集もできるという事です。

大手塾ならともかく、オリジナルで教材を作るのはなかなか難しい事です。
こういったシステムが気軽に使えるようになれば、
効率良い授業が行えるのではないでしょうか。