栄光ゼミナール過去問添削講座

今月から栄光ゼミナールが、麻布中学校、海城中学校、豊島岡女子学園中学校を志望する小学6年生を対象に、過去問添削講座を開講するということです。

中学入試の過去問の詳しい解説動画の視聴し、メールによる徹底した添削指導などを受けることができるそうです。

開講されるのは、中学入試における全ての科目の過去問ではなく、
麻布中の理科・社会、海城中の第2回(2018年2月3日入試)、豊島岡女子学園中の第1回(2018年2月2日入試)に特化したものとなっているそうです。

最新9年分の中学入試過去問から重要問題をピックアップし、
特徴的な問題や合否を分ける問題の解法・ポイントを徹底的に説明するものだということですが、
わかるまで何度も視聴でき、わからないことを直接メールで質問できるので、
この3校を志望する人にとっては嬉しいニュースではないでしょうか。

中学入試では過去問対策は最重要課題と言われていますが、
問題集を一人で勉強するにはなかなか難しいです。

進学塾の志望校対策コースを受けていても、
全ての過去問対策ができるわけではないので、
自分で勉強をしたいと考えている人も多いでしょう。

ただ、一人での勉強というのはかなり困難を極めるのです。

自宅学習でも動画授業とメールでのサポートがあるなら、ずいぶんとスムーズな学習になるはずです。

しかも受講料は、映像授業と添削指導で1か月1教科あたり3,240円(税込)です。

開講期間は2017年10月1日から2018年1月31日までとなっています。

模試と過去問を上手く使おう!

受験のためには中学入試に限らずアウトプットが重要です。

問題を解く事です。
模試を受ける、過去問を解くと言った事が特に効果的だと言われています。

中学入試のための模試では、首都圏模試センターの「統一合判」が知られていますが、この模試は小5で年5回、小6で年6回実施されます。

中学入試のために上手く利用するのは何よりも続けて受験する事ですが、
これからの時期、過去問対策もあり、どうやってその時間をとるかという事が重要になって来ます。

模試も過去問も、受けっぱなしやりっぱなしでは意味がないのです。

しかも中学入試では併願校の過去問対策も必要なのです。

中学受験では併願校選びが重要な課題になっているそうです。

ポイントがいくつかあるのですが、
よく言われているのは、「なるべく多くの学校を受ける」という事です。

これは、年齢的に調子の波があり、しかも初めての受験で緊張やプレッシャーで体調を崩す事が十分考えられるからです。
予期しない事も起きる、それでも必ず1校は合格できるような併願作戦が重要なのです。

そして併願校が増えるという事は、中学入試の過去問も増えるので、
その注意も必要です。

なるべく同じ問題傾向の学校を選ぶ事が大切なのです。

そうすれば第1志望の対策が第2志望・第3志望の対策にもなるのです。

また、子どもの相性や適性を知る事も大切です。

模試を受ける事で学校との相性もわかるので、
継続して模試を受ける事が重要になってくるのです。

過去問演習でも満点を狙うのではなく、
まずは志望校の傾向を知って行くつもりで取り組んで行きましょう。

過去問演習で自分のミスの傾向を知る!

中学入試では過去問の勉強が重要と言われていますが、
実際にいつ頃から、何年分、どのように・・
など様々な事が気になりますね。
中学入試が近づいてくると、受験情報サイトなどに過去問の勉強法が色々と載せられていますが、この時期には少ない様に思います。
ただ、前年度の中学入試時に載せられた勉強法がまだまだ残っている時期です。
中学入試間近になって慌てないよう、そう言ったサイトから過去問の勉強法の情報を調べておきましょう。
中学受験に役立つ理科の問題集も過去問から見つけることが出来ます。

「YOMIURI ONRINE」の中学受験サポートの記事の中にある、
中学入試の過去問の勉強法について見てみましょう。
この記事を書いた塩沢茂樹氏は、本番近くになって重要なのが、
自分の間違いの傾向を知る事だと言います。

過去問演習によって自分をしっかりと分析する事は重要ですが、
まず「自分ができる事、今はできない事を明確にする」、
そして本当に入試日に近づいたら、「間違いの傾向を知る」事が重要だと言う事です。
その間違いを知るためには、過去問を解くだけではダメだと言います。

ケアレスミスでも、一括りにはできないと言います。

どういった傾向なのか知るためには、間違ったポイントに蛍光ペンでマークを入れる、あるいはノートに間違った問題を貼ると言った方法があるそうです。

その事によって、自分の事がわかれば、間違いの対策を考え、トレーニングする事もでき、試験当日でもその点を意識する事で、間違いを避ける事ができるのです。
これも、入試直前になってからではなくても、自分のしやすいミスに早く気づけば効果も高いのです、

早めに対策して、悪い癖は直しておきましょう。

「過去問演習を個別指導塾から学ぶ」

中学受験では志望校対策が重要で、そのために中学入試の過去問演習に力を入れている進学塾も少なくないと思いますが、志望校の中学入試の過去問全てが志望校対策講座で行われるわけではなく、自分自身で過去問に取り組むことも合格のためには重要な課題となるのです。

また、進学塾で足りない分は個別指導塾や家庭教師にお願いすると言う場合も多いのではないでしょうか。

そこで今回はユリウスの「過去問完成講座」について調べてみました。

ユリウスは中学受験の進学塾として有名な日能研グループの個別指導塾です。
ユリウスの「過去問完成講座」は志望校の出題傾向に特化した個別指導を行う講座で、中学入試だけではなく、高校入試大学入試の過去問の演習と解説も実施しています。

中学入試の過去問は学校ごとに勉強の進め方も違いますが、
演習だけでなくそういった相談に乗ってもらえるのもこの講座の特徴です。

この講座では1日に「過去問を解く→指導」を3回繰り返しますので、
自宅でもこういった方法を再現するのも良いのではないでしょうか。

ユリウスの志望校対策講座には、「過去問完成講座」を活用する中学入試のための様々なコースがあります。

出題レベルが比較的やさしい学校から第一志望まで徐々に学校のレベルを上げていく「レベルアップ型」、特定の教科だけ徹底補強する「特定教科特化型」、「第一志望特化型」11月までに第1志望校の問題を終了し、12月から併願校の対策を行う「バランス型」、比較的容易に取り組める理科・社会を中心にし11月から国語・算数を実施する「教科移行型」、「国算特化型」、「学校別対策型」等があります。

「中学入試過去問の類題はどう勉強する?」

中学入試では過去問演習が必須ですが、
しっかりと理解するには志望校の中学入試だけではなく、
別の学校の過去問も解く必要があるでしょう。

そのためには志望校の中学入試と似た傾向の類題を他校の中学入試過去問の中から探さなければならないのです。
どこにでも転がっている類題ではなく、中学入試過去問から類題を探すのはなぜか?
それは一般的な問題よりも入試問題の方が圧倒的に良問だからです。

そこで、やはり過去問を使ってできている問題集を手に入れる事が良い方法と思われるのです。
今回ご紹介する「中学入試算数 塾技100」は入試頻出の解法パターンを塾で教えるカリキュラムに沿って構成したもので、過去問を分析し、過去問で出来上がっている問題集です。

また購入特典として、この本に掲載できなかったもの最新の頻出問題を補充の形で無料公開しているのです。

PDFでダウンロードでき、解答解説もあり、プラスブログでも解説しています。

例えば塾技58の補充問題として麻布中の速さと比の問題が取り上げられていましたが、
解説の中にどの裏技を使えば良いと言う事がしっかりと載せられて解説されています。

この問題で出てくるのは塾技58以外には塾技53塾技22塾技20です。

これを見ただけでもわかるように、難関中の問題は多くの単元が混ざっているのです。

また、ブログでは塾技78同様、ダイヤグラムを自分で書いて考える問題である事も説明しています。

本当に丁寧なブログで、わかりやすいです。

補充問題は誰でもダウンロード可能ですが、本を買わなければ塾技とは何かわからないのでご注意を!

「中学入試過去問をやるメリット」

中学入試では志望校対策が重要ですから過去問演習は必須です。

その事は多くの人が理解しているはずです。

ただ、実際には中学入試の過去問演習は思っている以上に多くのメリットがあるのです。
例えば、中学入試の過去問をやり問題傾向がわかれば、出題傾向の似た学校を併願校にする事ができます。

併願校選びは重要で、中学入試の問題傾向が似ていると言う事は、教育方針も似ていると言う事です。

もし第一志望の学校はよく調べていて、何もかもが気に入っていると言う事なら、
出題傾向が似た学校も大抵は似たような傾向をもっているのです。

そうすれば、自分にあう学校がより多く見つかると言う意味で、
併願校にも「行きたい」学校を選ぶ事ができるわけなのです。
受験する学校は全て「行きたい学校」を選ぶと言うのが原則ですが、
「行きたくなかったのに・・」と第1志望が不合格のため仕方なく入学するような事になれば、良い中学生活も送れないでしょう。

ただ、第1志望の学校と同じ出題傾向の学校を探さなければなりません。

その学校を探すために片っ端から過去問をやる必要はもちろんありません。

中学入試の過去問集には同じ傾向を集めたものなど多く出版されていますので、
そう言った問題集で確認しましょう。

また、首都圏で注意するのが、関西圏の算数の過去問です。

首都圏より関西圏の方が算数が難しいと言われ、特に関西圏で前年度出題された問題はよく出されるそうです。

過去問のメリットをしっかり知って、ポイントをおさえた学習を行いましょう。

「中学入試の過去問と併願校選びの関係」

中学入試の過去問をやると言っても、5年生がやる時と6年生がやる時では違います。

塾ソムリエの西村則康氏などが主任相談員の中学受験情報局では、
5年生で1度は過去問をやるべきだと言っていますが、
5年生のうちから6年生と同じようにやるのではないと言う事です。
6年生になって中学入試の過去問を解いて行く時のポイントは「試験と同様に決まった時間内で行う」「問題文をきちんと読む」「間違った問題は復習し理解する」の3つです。

これらは、子どもが実際にできる事ではないので、
親が注意してやらせなければなりません。

特に間違った問題の復習については重要で、
全てやらせる必要はないのですが、やらせるものについては確実に復習させる事が重要です。
合格平均点に届けば良いので、問題の取捨選択も重要と言う事です。

中学入試のために家庭教師を利用する人の多くはこの取捨選択をお願いしていると言う事ですが、保護者がわからないなら塾の先生や家庭教師にお願いしても良いそうです。

また、偏差値レベルが違っても出題傾向の似ている学校を調べ、
そこの中学入試過去問をやるのも有効と言う事です。

これは6年生になってもなるべく早い時期にと言う事ですが、
問題傾向に慣れる事ができるからです。
また、併願校選びの参考にもなるわけです。

第1志望の問題傾向と違う併願校を選ぶ事は第1志望にも併願校にも良い結果を得られなくなってしまうのです。

中学入試の併願校選びは、過去問の傾向が似ているかどうかは大きなポイントとなるでしょう。

「中学入試過去問演習」

今回は中学入試の過去問対策を「小学・中学受験進学塾 中村教室」のホームページで調べてみました。

中村教室は広島地区で小学受験・中学受験の指導を行っている進学塾で、
四谷大塚の教材「予習シリーズ」を使っています。

全国には中学入試の学習のために進学塾に通いたいと言う人が大勢いますが、
首都圏や関西(大阪・兵庫等)のように大手進学塾が密集している地区ばかりではないでしょう。

地方では四谷大塚の準拠塾や予習シリーズを使って指導を行っている進学塾が多いようで、
こういった進学塾の学習のやり方は、家庭学習の参考になるものが多いのではないでしょうか。
このサイトには中学入試の過去問をどういう風に勉強すれば良いのかと言う事が書かれているので、参考になるのではないでしょうか。

さて、中学入試の勉強をする時、なぜ過去問が必要なのでしょうか。

過去問演習は、塾での単元別学習がひととおり終わった時点で、
これまでの学習で不十分なところを見つけ出して、その対策をするためのもので、
中村教室では志望校の過去問で出題形式を知り、問題形式や時間配分になれるという意味でも演習を行っています。

演習を行った後は塾の先生や家庭教師、親にやってもらうと言う事が重要で、
本人には気づかないミスなどもしっかりとチェックしてもらいます。

過去問をやる時期は遅くても10月には始め、5年分はやるようにした方が良いそうです。
第2志望の過去問については過去2年分を1回~2回やっておくと良いそうです。

「中学入試過去問のやり方」

2015年を迎え、中学入試も目の前です。

6年生の後期から中学入試までの時期は過去問対策が重要だと言われています。

これは、過去問は単に学力ではなく、合格力を上げるものだからです。

また、中学入試においては志望校別対策が最重要課題と言われ、
進学塾ではこの時期志望校別対策講座が開かれていますが、この講座では過去問を分析して作られた問題をもとにテキストが作られているのです。

志望校別、科目別に過去問の取り組み方は違い、その事を知って勉強する事が最も効率的な勉強法なのです。

中学入試で志望校別対策が重要なのは、学校ごとに問題はもちろん構成や配列、出題形式にも特徴があるためで、過去問演習する事によって問題傾向を知り問題形式や時間配分に慣れるためなのです。

今回は小学・中学受験進学塾の「中村教室」のホームページから中学入試の過去問の使い方について見てみましょう。

演習を行うと言う事については、制限時間を守り本番と同じようにやるべきですが、採点はどうすれば良いでしょうか。

採点は塾の先生や家庭教師、あるいは親にやってもらうべきだと書かれています。
これは、自分で問題をやっているので、甘くつけてしまう事がある、あるいは甘くつけるつもりはなくてもミスを見逃してしまう事があるためです。

本人に気づかない事を指摘してもらうためにも厳しく採点してもらいましょう。

さて「合格最低点」はとれたかと言う事はもちろん苦手単元をみつける事も重要です。

苦手単元がみつかったら、しっかりと抜けをつぶして行く事が大切です。

「過去問演習記録表」

中学入試が近づくと過去問演習は必須ですが、
過去問でどのような力を身につけて行くかが重要です。
また、志望校の中学入試が何を求めているのか、
過去問から知る事も重要です。

中学入試の過去問の講座も進学塾などで多く開講されていますが、
こういった講座では特に、過去問分析がしっかりしている講座を選ぶ事が重要です。
中学入試問題の分析と、どういう風に演習し、どう学習して行くのかが重要だからです。

難易度や出題傾向はもちろんですが、志望校の問題が何を求めているのかと言う事を知る事も重要です。

整理力、推論力・・等々、中学入試は様々な力を求めていますので、
それらを知ってどう勉強して行くかが重要なポイントとなるのです。
さて、実際にどのような勉強をすればよいのでしょうか。

中学受験専門のプロ家庭教師「中学受験鉄人会」ではメルマガの中で、
無駄な勉強をしないために「過去問演習記録表」を作る事を勧めています。
「過去問演習記録表」は、ホームページで無料ダウンロードでき、
使い方も載っているので、ぜひ活用したいものです。

使用例を見てみましょう。

何年度の過去問か、何回目かと言う事を記入し、
各科目の配点、合格者平均点、受験者平均点と自分の得点を記入します。

中学入試のデータは市販の問題集から入手できる限り入力する形です。
エクセルでできているので、平均点と自分の得点や、合格者最低点と自分の点との差は、データや自分の点を入力すると自動的に算出されます。

点数だけではなく絶対に得点しなければならない問題、自分の力で得点できる問題なども分析すればより効果が上がるそうです。

Older entries