中学入試の過去問に挑戦する目的

中学入試の過去問を子供の夏休みを言い訳にさぼっている今日この頃、小学生のいるママ友は夏休みの宿題がまだ9割も終わっていないと泣き泣きになりながら課題の材料を集めています。

ああ、私も数年後にはあの立場になっているのだろうなと思うと人ごとではありませんね。
だって、蛙の子は蛙。
私が小学生のころもサザエさんのカツオ君が波平さん達に怒られながら家族総動員で宿題を片付けていたのをひきつりながら見て夜中にこっそり宿題仕上げていたものです。
(私の親は宿題手伝わない派。そして仕上がっていない課題の多さに激怒する派)

そんなんで受験生になったとき、我が家はちゃんと中学入試の過去問を解いている余裕あるのだろうか・・・・。
まあ、いざとなったら宿題後回しで中学入試の過去問解かせてやる!
なんてことは言いませんよ。

だって、中学入試は親子二人三脚でやらなくちゃ合格しないっていいますから。
宿題の段取りにも思いっきり関渉していかなくちゃね。

宿題終わらせてくれないとおちおち過去問も解けやしない。

と言っても、私は口を出すだけの現場監督。
教えるとかそういったことは全くできないんだろうな・・・・。
おおっと、そうならない為に、今から過去問をどんどん解いていこうとしているのでした。

危うく何故過去問に取りかかっているのかという本来の目的を見失うところだった・・・。
夏休みももうすぐおしまい。

小学生、中学生、高校生、はたまた大学生の皆さん、夏休みの宿題はちゃんと終わらせましょうね。

一日一過去問!

新学期になり、娘もついに年中さんです。
バッチの色もピンクから黄色になり、パッと見はお姉さん。
新しい色のバッチを貰って娘も鼻息荒く誇らしげです。

年長さんのお母様の中には、上のお子さんがこの春から中学生になると言うお母様もいらっしゃって、この春から同じ役員になったことから、幼稚園のこと、中学入試のこと、いろいろ教えてもらおうかなって思っています。

そのおうちは3人兄弟で、年超のお子さんが一番年下になるらしいのだけれども、上の子が中学入試を考え始めた頃、一番下の子がまだ甘えたい盛りの赤ちゃんに毛が生えたようなときだったからいろいろ大変なこともあったって言ってましたね。

うちは一人っ子だからこのままだと娘が中学入試の勉強を本格的に始めたって、娘一人に対応していればいいから楽だけれども、このおうちのように、中学入試があと2回も経験しなくてはならないかと思うと、ちょっと気が遠くなってきそう・・・。
そう考えたら、複数の子供がいる場合は、小学校から私立に入れることも考えた方がいいのかななんて思うけれど、残念ながら金銭的に無理だし、おそらくは小学校から私立に入れるような家庭はかなり裕福な家庭が多いのではないでしょうか。
そういった方々と私は交流できる自信がないな。

なんてネガティブ思考にならず、今日も過去問に取り組むぞ!おー!

なんて言いながら、娘のバスのお迎えの時間までに、いったい何問過去問解けるのかな。
最近過去問を解く瞬発力がなくなってきていて、家事をしたりしていると、あっと言う間にお昼になって、あっという間にお迎えの時間になっちゃうんだよね。
塵も積もれば山となる。
今日も一問でもいいから、過去問に取り組むぞ!!

過去問にスローで挑戦します

娘の幼稚園も春休みに入り、次幼稚園に行くときには、娘も年中さん。
ひとつお姉さんになります。

子供画成長していくのって本当に早いものですね。

それに対して、私の中学入試の過去問への挑戦は最近停滞しがちです。
(T^T)

娘が年中さんになることからも、新学期からは、数字の勉強や、ひらがなを読み書きできるようにしっかり指導していかなくてはなりません。
中学入試の勉強を本格的にしているような小学生であれば、横で一緒になって過去問をとくことも出来るかもしれませんが、この年の子供は、付きっきりで教えてあげなくてはいけません。
だから、ちゅうがく入試の過去問をといていくペースも今まで以上に遅くなっていってしまいそうです。
(言い訳苦しい!?Σ( ̄ε ̄;|||・・・)

私は昔から計画性がなく、インテリアコーディネーターの資格を取ってみようと通信講座の教材を取り寄せてみてもほとんど手付かず、市で開催している教室も数回通っただけで途中から行かなくなったりと、何でも中途半端に終わらせてきています。
だからこそ、今回の中学入試の過去問をといていくのだけは、中途半端に終わらせずに、子供が中学入試を実際に受けるまで、一緒になって過去問をといていきたいと思います。
たとえその過去問を解くペースが遅くても。

のんびり屋さんな私とその遺伝子を色濃く引き継いでいる娘。
自分のペースで勉強をしっかりしていれば、中学入試の過去問も解けるということを身をもって娘に見せてあげたいです。

過去問手つかず(T_T)

今年もバレンタインデーが近づいてきていますよね。
うちの子供が中学入試を受ける頃、バレンタインデーはどのような気持ちで作っているのでしょうか。
出来れば「中学入試まで数年間勉強勉強頑張ったね。お疲れ様」の意味を込めて娘の大好きなシフォンケーキでも焼いてあげたいですね。
え?シフォンケーキ焼けるなんてすごい?
いえいえ、これから腕を上げていく予定なんですよ
(; ̄ー ̄川

中学入試の過去問に日夜挑戦していくべく、自分を追い込むためにこのサイトを作り始めたのがゴールデンウィーク明けあたりだったでしょうか。
早いものですね。
あんなに登園バスに乗るのを嫌がっていた娘も、今はまだ「超嬉しそう」ではないけれど、スムーズに通園バスに乗って行ってくれるようになっています。
時間が経過するのって早いものですね。
ほんのちょっと前まで、まだおっぱい飲んでた赤ちゃんだったような気がするのに、このままのスピードでいくと、あっという間に中学入試が目の前に迫ってきそうです。
そういう私は、最近中学入試の過去問だらけて手をつけていませんね。
やばいです。
このままでは近い将来中学入試の過去問で質問されても答えられず、「ママ、ダメじゃん」って言われそうです。
ここはまた褌を締め直してまい進していかなくては!

古い言葉知っているでしょ?ヽ(^。^)ノ
マンガから覚えたのですよ。
マンガだろうとなんだろうと、得られるものはどのようなジャンルからだって取り入れて行けた方がいいじゃないですか。
中学入試の過去問しないで、最近はマンガにはまってしまっていたグータラ主婦の独り言でした。

過去問が出来ずに焦ります。

つい先日運動会だったと思っていたら、季節はもう冬へと突入しようとしています。

私の実家は雪国なのですが、今朝「雪が積もってきたよ~」と携帯電話に写メが送られてきました。
おお、白い!!

実家の周りには生垣がしてあるのですが、生垣にこんもりと雪が積もっています。
この積もり具合・・・本格的な積雪です。
実家の地域の雪は湿気を多く含むせいか、ある程度の降雪量のときの雪の積もり方は、丸っこく積もっていくのです。

早速娘にこの雪景色の写真を見せてあげると・・
「わぁ、白いね。私昨日遊んだよ!!」
ん!?
それは昨シーズンの話ではないかい?
まだまだ時間の流れが不思議の国のアリスちゃんのようです。
はりきって手袋を上手に探し出してきて無理無理手にはめている姿に、今週末遊びに行こうかな。
なんて思ったりもしています。
とすると、タイヤにチェーン必要になってくるよね~。
今年はパーキングエリアに手伝ってくれるやさしい人はいるかな。

勿論中学入試の過去問はもっていきますよ。

それにしても中学入試の過去問がなかなかはかどりません。
うー焦る・・・・。

入試まであとわずかの季節ではありますが、実際に入試を受ける受験生の子供が私のように入試の過去問にお手上げ状態だときっとすごく焦るだろうな。
そういう時、大人はどのように接してあげればいいのだろう。
けなす?励ます?志望校を変えさせる?

どれもいまいちぴんとこないのは、私がまだ実際に入試を間近に控える受験生の親ではないからでしょう。
せめて、中学入試の過去問が解けなくて焦る気持ちだけは分かってあげたいのでこれからも入試の過去問で分からなくて悩んでも、それを子供のためと受け入れていきます。

入試に対する意気込みが過去問への意気込みになる?

季節はすっかり秋ですね。
先週末はドライブがてらコスモス畑をみに行ってきました。
タイミングよく天候にも恵まれたので、秋独特の高い空にうっすらとかかる筋雲、コスモスのグリーンとピンクが美しいコントラストになっていて、思わず子供よりも景色をバシバシデジカメで撮っていたくらいです。
(; ̄ー ̄川

その前の週には、幼稚園の運動会があって、パパはビデオ撮影の場所取りに、私はなかなか起きてこない娘を必死で起こして、運動会が無事最後までできるようにとせっせと髪の毛をやる気が起きるようなデコレーションに・・・。

運動会の結果は・・・
行進の時はビデをを撮っている私を見つけて、手を振ってみたり、笑ってみたり余裕でいるから、「成長したものだなo(TヘTo) 」
なんて感慨深げに涙ぐみながら、ビデオ撮影。
次の全員体操では、ワンテンポずれながらも楽しそうに踊っている娘に、笑いながらもまた涙。。。
涙しているうちはまだいいのですが、年少児の体操あたりから娘の雲行きが怪しくなってきて・・・・
後半は娘が泣いてぐちゃぐちゃに。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
そうなると、こっちは泣くんじゃないと遠くからハラハラとして遠巻きに見ているしかできません。
なぜ遠巻き?見つかると、私のところへ来てしまう恐れがあるからです。
プログラムがどんどん進行していく中、出番でなくても、園の影の遠くの方から娘の泣く声が・・・
泣き虫だから、のどが鍛えられちゃってます(; ̄ー ̄川

運動会の過去問とかあったら予習させておきたかった程です。それでなかったら、運動会の家庭教師か。

そんなこんなで週末はずーっとイベント続きで平日はそのビデオ編集やら何やらで中学入試の過去問を解いている余裕が全くありませんでした。過去問を解くどころか、過去問を開くことすらしませんからね。(; ̄ー ̄川
でも、世の中の中学入試を目前に控えている小学6年生たちは、秋のイベントに参加しながらも塾や家庭教師に勉強を見てもらい、過去問をこなしているのだから、すごいよね。
やっぱり過去問に取り組む意気込みが違うのかな。
「イヤイヤ過去問への意気込みの差よりも年の差でしょ」
旦那が横から過去問に取り組まないで言い訳している嫌味を言ってきます。
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

夏休み明け過去問出来ない!?

2学期が始まってすでに3週間。

小学生の皆さんはもう夏休みボケなおってるでしょうか。

我が家の子供もようやく夏休みボケから立ち直って、元気に通園バスに乗ってくれるようになりました。

夏休み明け初日なんて、私の手を握り締めてなかなかバスに乗ってくれません。

結局最後は保育士さんに抱えられてバスに乗って行きました。

次の日も、また次の日も。

1週間くらいかかりましたよ~。

ほかのお友達はみんな元気にバスに乗って行ってくれてるのに、どうして!?

と悩んだりもしたのですが、個人差がありますから、仕方ないですね。

泣きじゃくる子供に動揺して、しばらくは過去問するどころではありませんでしたが、今ではすっかり元気に「バイバイ~」とバスに乗ってくれるので、安心して過去問に取り組んでいます。

冬休みは大丈夫かな。

また過去問どころじゃなくなっていたりして。。。